パパ活でパパに恋愛感情を持った時考えておきたいこととはどんなこと

パパ活をしていると相手の男性を好きになってしまうことがあります。

パパを好きになった場合、どのようなことに気を付けたらよいのでしょうか。

その違いとはどのようなものなのでしょうか。

お手当が必要かそうでないか

パパ活とお付き合いの一番の違いは、お手当が発生するかどうかということです。

好きになってしまうと、お金をもらうことがつらいと思うことがありますが、その気持ちをうち開けなればお手当は発生したままです。

つまり自分の気持ちを話さず今の関係を続けることができれば、お手当がそのまま発生します。

何らかの理由でお金に困っていてパパ活をしているとき、打算的に考えるとお金が必要になります。

果たしてパパ活の関係を崩してまで、本当にお付き合いが必要か考えたほうが良いです。

本命になれるかどうか

パパを本当に好きになって、本命の一番女性になれるかと考えたとき、そうではない可能性があります。

パパが既婚者だったり、他に付き合っている女性がいる場合、自分が本命になれないからです。

もしパパも真剣に自分を好きになって、今いる相手と別れると決めていても、結婚相手や本命相手に話が伝わっているかどうかはわかりにくい部分でもありますし、簡単に別れることができないことがほとんどです。

パパになる男性はお金に裕福なので、その本命の相手はパパと別れたくないと思っていて魅力的に感じています。

ですから本命を望んでパパ活をやめてみても、自分が本命になれないことは考慮しなければなりません。

本当に好きなら今の関係でいることがつらい

純粋に相手を好きになり、付き合いたいと考えていると、お金をもらっている状態も、自分が一番にはなれないこともだんだんと辛くなってきます。

もっというと、パパとなっている男性は、パパ活という関係で結びついている関係ですので、もし自分が好きだとうち開けてしまったら、相手から敬遠され離れられてしまうこともあります。

ですからパパ活の相手を好きになることは想像以上につらくなります。

一緒に居られることだけが幸せになったり、お金の面で打算的にになれるかがお付き合いとパパ活の境目です。

あまりにつらいようなら別れを視野に入れてもよいかもしれないです。

パパ活をしているとパパとなる男性を好きになってしまうことがあります。

ただし、パパ活という関係でパパと結びついているだけですので、お金の面で打算的に考えるか、一緒にいるだけでよいかと思えるのが見極めるポイントです。

それ以上の関係を求めると関係が崩れることがあります。